肩こりが起きる主な原因はなに?効果的な薬は?

肩周辺の筋肉に疲れが溜まっていたり、
血行が悪い状態が続くことが原因で肩がこってしまいます。

 

特にパソコンを使った仕事をしている方に多い眼精疲労は肩こりの原因となるだけではなく、
集中力が続かない、という状態に陥ることもあります。
また肩こりや眼精疲労は頭痛を引き起こすこともあります。

 

さらに肩こりが生じていると知らず知らずのうちに肩の痛みをかばって姿勢が悪くなり、
その結果として腰まで痛めてしまう場合があります。

 

さまざまな症状を引き起こすことがある肩こり。
そんな辛い肩こりを少しでも早く改善したい時には肩こり用の薬を使用するのが最善の方法となります。

 

肩こりで生じる痛みを抑えることはもちろん、
肩こりの原因となっている血行不良を改善する効果がある薬を選ぶのが重要となりますが、
市販されている肩こり用の薬の種類は多く、
どの薬が自分に合っているのか、本当に肩こりを和らげることができるのかと悩まれたこともあるかと思います。
実際、市販の肩こり用の薬を使っても、効果を実感できなかったり、
肩こりが緩和されるどころか副作用が起きて、余計に辛い思いをした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

最終的にどの薬を選べばいいのか?
肩こりの薬選びに迷っている方におすすめなのが、リョウシンJV錠です。

 

⇒リョウシンJV錠の公式サイトで効果をみる

リョウシンJV錠は市販薬なのに肩こりになぜ効くのでしょうか?

リョウシンJV錠に含まれているビリドキシン塩酸塩、ガンマ・オリザノール、シアノコバラミンという3つの成分には肩の痛みを軽減する働きがあります。

 

さらにトコフェロール酢酸エステルカルシウムは血液の巡りを改善する働きがあるので、
血行不良を緩和するだけではなく、肩こりの原因の一つである眼精疲労を解消する効果も期待できます。

 

リョウシンJV錠には痛みを抑制する3つの成分は第三類医薬品の中でも、最も多く配合されているので、しっかり肩の痛みを解消します。
また第三類医薬品なので副作用が起きる可能性は低く、毎日、飲み続けることができるというのが特徴です。

 

飲んで身体の中から治す、とは言っても、2~3錠を1日にたった1回だけ飲むだけでいいのがポイントです。
市販薬されている中でもリョウシンJV錠はコスト的にも優しいのが嬉しいメリットです。

 

リョウシンJV錠は慢性的な肩こりを抱えている方が多い、50~60代の男性に特におすすめです。

 

肩の痛みが軽減されることで肩こり解消のためのストレッチも行いやすくなります。

 

もう辛い肩こりを我慢する必要はありません。
ぜひ、リョウシンJV錠を試してみませんか?

 

⇒リョウシンJV錠の公式サイトで詳細をみる