膝の痛みの原因と効果のある市販薬は?

膝の痛み市販薬|中高年の関節痛・腰痛・肩痛におすすめの内服薬は?
「膝が痛くて歩くのがおっくう」、「膝痛で階段の上り下りがつらい」、「痛くて膝を曲げてしゃがめない」など、
中高年になると膝の痛みでお困りの方が増えています。

 

年齢を重ねるほど膝の痛みを感じる方が増えてくるようで、65歳以上の日本人の3人に1人が膝の痛みに悩んでいます。
でも、どうして膝が痛んでしまうのでしょうか。痛みの原因を知れば対処方法もわかります。

 

膝の痛みの市販 内服薬 おすすめをみる >>>

 

膝の痛みの原因とは?

周りはみんなそうだし、歳だから仕方がないとあきらめていませんか?
でも、どうして年齢とともに膝の痛みが気になるようになるのでしょう?

 

健康な状態だと骨と骨の間には軟骨があり、骨同士がぶつかることを防いでくれています。
軟骨には神経が通っていないので痛みを感じません。
しかし、軟骨がすり減ると体を動かしたときに周辺の神経が刺激されて痛みを感じます。

 

軟骨がすり減る原因には、加齢、肥満、スポーツなどがあります。
加齢による軟骨のすり減りは容易に理解できると思います。
肥満気味の方は通常より自分の体重で膝への負担が増えてしまいます。そのため軟骨のすり減りや変形が起こりやすくなります。

 

歩くときには、自分の体重の3倍の負担がかかるといわれていますので、
過度な運動や疲れているときに激しい運動をすることでも膝への負担が増えます。
無理をすると軟骨だけではなく、膝を支える靭帯などを傷めてしまいます。

 

膝に痛みがでると、痛くないようにかばうようになり、あまり運動をしなくなったり、歩き方がぎこちなくなります。
すると、膝をかばって力を入れなくなるので、膝を支える筋肉が減少してしまい、
逆に膝を支えきれなくなって、ますます痛みが悪化をする悪循環にはまってしまいます。

膝の痛みの対処法!根本的には内側から!

それでは、年令による軟骨のすり減りからくる、膝の痛みにどのように対処をしたらいいのでしょうか?

 

外側から湿布薬や湿布液を塗るなど、対処療法もありますが、一番望まれる方法は、
内側から自然な形で治癒する治療ではないでしょうか?

 

そのためには、まずは栄養を与えることが大切です。
痛みをかばい、疲れた体に栄養を与え、膝に良い成分を摂りましょう!

 

摂取した栄養を運ぶためには、血流をよくすることが大切です。
しかし、これだけでは痛みの緩和が難しいことがあります。
そこで、痛みを抑える成分が必要になります。

 

栄養補給、巡りの促進、痛みの緩和、これら3つの働きをする市販の薬が「リョウシンJV錠」です。
6つの成分が体の中から痛みの緩和をサポートします。

膝の痛みをリョウシンJV錠が体の中からしっかりケア!

リョウシンJV錠には、体の中から膝の痛みを緩和する6つの成分が配合されています。

 

栄養補給のための2つの成分が、フルスルチアミン塩酸塩とパントテン酸カルシウムです。
体内でのエネルギー変換にかかわっています。

 

巡りをよくする成分がトコフェルールコハク酸です。
酸素や栄養素の供給に役立ちます。

 

痛みを緩和する3つの成分が、ピリドキシン塩酸塩、シアノコバラミン、ガンマ・オリザノールです。
神経機能維持や髄鞘の生成・修復にかかわっています。

 

これら6つの成分が、つらい膝の痛みを内側から緩和します。

 

高齢になったとき、歩けなくなってしまうと、大幅に自由が制限され、
それだけでなく、トイレや食事の準備、食べ物の買い物など、生きていく上で必要な行動が、
家族やヘルパーさんにお願いしないと生きていけないようになってしまいます。

 

もし、膝の痛みで不安や心配をお持ちなら、
第三種医薬品に認定されている北陸富山常備薬のリョウシンJV錠をお試しになったらいかがでしょうか?

 

⇒リョウシンJV錠の公式サイトで詳細をみる

 

 

 

 

 

膝の痛みなど関節痛には、温めることも痛みの緩和に良いと言われています。
体の芯から温まるお風呂にゆっくり浸かり、痛みのある関節や円その周辺の筋肉を緩和させ、
気分もリラックスすると、痛みのある関節をゆっくり動かすことができるようになります。
その際、リウマチにおすすめの入浴剤などを入れると、より温まり、薬効成分が痛みに効いて良いかもしれません。